インターネット犯罪 その5 出会い系サイトに関連する犯罪です。年々巧妙かつ悪質になっているので注意しましょう。

悪質データベース
トップページ出会い系サイト検索最新口コミ情報ネット犯罪系情報出会い系について出会い系関連法規

 悪質DB トップ > ネット犯罪情報> ネット犯罪 その5

インターネット犯罪について

インターネットを利用する人が増えると、必然的に悪質なネット犯罪が増えてしまいます。中にはすぐにわかる使い古されたパターンもありますが、残念ながらネット犯罪は年々複雑化し巧妙、悪質になっているのが事実です。

当サイトでは、これらの悪質なネット犯罪の仕組みや手口をこれからも取り上げて、少しでも安全にインターネットが利用ができるように情報をお伝えします。

サクラ詐欺

出会い系被害で一番多いのがサクラの被害です。

サクラとは本来、賑やかしをする人の事でパッと咲いてすぐいなくなるという由来があるのですが、出会い系サイトやSNSなどといった異性と出会いを目的にしたサービスに関しては、もはや詐欺といえるレベルの事をしています。
例えば一般の会員が一切いないのに、あたかもいるように見せかけるためにサクラを使い、利用者からお金を取るようなサイトが実際にあり、摘発されているケースがあります。
今までのターゲットは男性でしたので、サクラは必然的に女性の役で男性に迫りやり取りをしていました。しかし最近は女性をターゲットにして男性のサクラで甘い言葉をささやき女性とやり取りをするケースが多くなりました。
女性しかいないサイト。男性しかいないサイト。この間にいるのがサクラなんです。いくらやり取りをして大金を使ってもこの人達には会えません。特に女性は騙され慣れていないせいか被害額が高額にのぼるケースが目立ちます。
有料サイトに多くいますので、会話の中できちんと見極めるようにしましょう。また、情報サイトや口コミサイトなどを見て情報収集をしておきましょう。よくある口コミには早くこの情報を見ていれば騙されなかったという後悔の口コミが多く投稿されています。ぜひ騙されないためにもそういったサイトを利用しましょう。

料金制度詐欺

諦めは出会い系サイト業者のためならず・・・

出会い系サイトでは、一般的には考えられない詐欺の手法があります。その一つにこの料金制度の詐欺があります。
これは無料と言いつつ実は有料だったという事なんです。ページ上に「無料」「無料」と連呼しているのに登録だけ無料だったり、入会金が無料だったりします。
利用するとメールのやり取りで一通○○ポイントが発生し、1ポイントが10円の有料といった事が割りと多く横行しています。
ともすれば利用する側もそんな状態を受け入れて「出会い系だから仕方ない」といった諦めをしている人も多いようです。
しかし、一般のサービスで無料だと言われたものが実は有料だとしたら憤慨しませんか?クレームをつけませんか?同じように出会い系サイトに関しても毅然とした態度を取るようにすべきでしょう。業界全体がそうならないためにも賢い利用者である方がいいでしょう。
決して泣き寝入りせず、違うものは違うというようにしましょう。それがひいては健全な出会い系サイトの育成につながります。

自動登録詐欺

知らない間に知らないサイトに登録されています。

目的のサイトに登録すると、その登録データを別のサイトでも利用される場合があります。これを自動登録といいます。
「A」というサイトに登録すると「B」や「C」や「D」というサイトも利用可能になり、メールがどんどん届きます。
そうなると一体どのサイトに登録したのか判らない状況になってしまいます。
そもそも登録したサイトが無料サイトだった場合、自動登録されるサイトが有料でいきなり料金を請求されることもあります。
ですから利用規約をきちんと読んで自動登録があるかどうかを確認し、更に自動登録されるサイトへ行ってそのサイトの利用規約もキチンと読む必要があります。
そうしなければ知らない間に請求された料金が、実際に利用したものなのか架空請求なのか判断できないようになってしまいます。
そうなると相手に言いなりにならざるを得ないので注意が必要です。
勝手に登録されるサイトがある場合はよく考えて利用しましょう。

後払い詐欺

とても悪意のある課金方法です。

後払いとは、先にサービスを利用してあとで支払いをする事をいいます。これだけだと何も悪い事はありませんよね。一般的な飲食店などもこの方法ですから、後払い自体が詐欺という訳ではありません。
サービスの料金を理解した上で利用するなら、支払いのタイミングは後でも先でもあまり変わらないでしょう。
しかし出会い系サイトにおける後払いは非常に悪意のある方法になっている事がほとんどです。
まず有料制の場合、お試しポイントとして最初だけは無料で使えるようになっています。
その後、無料ポイントを使い切ってしまえば、課金をしないと使えないのならば何の問題もありません。まだまだ利用したいならば課金をすればいいし、思ったほどでなければ課金せずそのまま止めてもいいわけです。
しかし、このお試しポイントが切れると自動的に後払いとして勝手にマイナスポイントにしてしまっているサイトが数多くあります。利用している人はマイナスポイントに気付かずまだお試し中だと思っているんです。
後払いになる時に、これ以上は料金が発生しますよといった連絡があればその時に判断できますが、知らない間に課金されている場合、まずわからないでしょう。
ですから後払いがある事、自分がいくら使ったか確認する事を必ず覚えておきましょう。そうでないと知らない間に請求が来て支払いを済ませないと退会すらできないようになってしまい大きなトラブルになる事もあります。

退会出来ない

退会出来ないようにする理由とは。

出会い系サイトにおいて退会出来ない状態というのはわりと多く、利用者の半分以上はそういった経験を持っているはずです。
それぐらい退会か面倒というか、いい加減になっています。
メールなどのやり取りで連絡先が入っていると伏字になったり、年齢認証が無いと一切遊べなかったりと一方では細かくなっているので矛盾のようなものを感じるでしょう。
さて、この退会させない理由というのは、やはりいつまでもメールを送信したいからでしょう。出会い系サイトにおいてメールは唯一の営業手段です。ありとあらゆる方法で料金を払ってもらえるような扇情的なメールや広告などを送信してきます。
受信するのは人間ですからついついクリックしてしまう場合もあるでしょう。それが元で未払いの料金があるといった架空請求じみた請求もあるかもしれません。
ここでの対処としては、退会したサイトからダラダラとメールが送信されるようならフィルタリングを使って振り分ける事をお勧めします。見てしまうとついクリックしたくなりますので、フィルタリングを使って見えなくしてしまうのが効果的です。

情報漏えい被害

出会い系サイトでは意外と多い情報漏えい

出会い系サイトへの登録情報が、別のサイトへ転売されるなどといった事が普通のように行われます。出会い系サイトの登録に使うメールアドレスについてはフリーメールの利用を心がけましょう。
フリーメールなら流出して迷惑メールといったものが届くようになってもメールごと捨てれば被害はほとんどありません。
なぜこんなに情報の漏えいが多いのかというと、やはり自動登録といって次々と別のサイトに登録してしまうビジネス形態がそうさせているのでしょう。
規約に書かれている場合もありますが、登録される全てのサイトが掲載されているわけではありませんので注意が必要です。そういった意味でもフリーメールを利用する方が安全でしょう。
こういった個人情報の転売や横流しは最初の契約時に伝える事が義務になっていますので目的外使用は違法になります。ただ、大きな罪になりにくいのと、後ろめたい状況なので表面化することはあまりありません。ですから現状では利用者の方で気をつけなければいけないといえます。

【PR】おすすめする出会い系サイトはこちらです。



PCマックス
PCマックス≪18禁≫

PCMAXは創設10年以上の実績で会員数800万人を超える日本最大級の出会い系マッチングサイトです。希望の相手を探せる・募集できる「出会い掲示板」
トップページ出会い系サイト検索最新口コミ情報ネット犯罪系情報出会い系について出会い系関連法規

ネット犯罪や出会い系サイトで騙されないための情報ポータルサイト 出会いDB

出会い系サイトでのサクラ情報や迷惑メールの有無など利用者の体験を公開しています。ぜひご活用ください。 お問い合わせはこちら 問い合わせ

Copyright (C) 2011-2018 出会いDB(データベース) All Rights Reserved.